So-net無料ブログ作成

美男ですね オススメ商品!!

-  |  次の3件 »

美男ですね あらすじ 10話

『美男ですね』9話のあらすじです。


相思相愛になれた喜びも束の間。

廉(玉森裕太)の母・麗子(萬田久子)の衝撃的な告白により、
美男(瀧本美織)の父親が廉にとって自分が麗子から蔑ろにされる要因となった
“麗子の想い人”だったということが廉に知られ、
美男は廉から激しく拒絶され返す言葉を失う。




そんな中、マネージャーの馬淵(柳沢慎吾)は
常日頃A.N.JELLのスキャンダルを狙って彼らの周辺を嗅ぎ回り、
美男と美子が同一人物なのではと勘ぐり始めたゴシップ記者の
出口(六角精児)・橋本(山崎樹範)・馬場(清水優)たち3人組から
美男と美子の同席取材を申し込まれ、
一先ず取材を回避するためにA.N.JELLの面々に沖縄のサイン会イベントに行くと提案する。


美男、柊(藤ヶ谷太輔)、勇気(八乙女光)の三人は馬淵の提案に応じるが、
美男との接触を避ける廉は他にするべき仕事があると言って沖縄行きを拒否。

美男は廉との関係がこじれたまま柊、
勇気と共に沖縄へと向かう。

柊は美男の態度から美男が廉との関係をこじらせ苦しんでいることに気付き、
再び美男にアプローチする。




一方、廉は麗子から受け取った美男の母親の写真を美男に渡そうと沖縄にやって来るが、
美男が柊と二人でいる姿を見て、黙ってその場を立ち去ってしまう。

ホテルに戻った美男はホテルのスタッフに廉からの預かり物を渡され、
廉が沖縄に来ていることを知り、慌てて廉の姿を追う。

ようやく廉と対面した美男は自分に母親の写真を届けるために
わざわざ沖縄に来てくれた廉の優しさに感謝しつつ、
ついに自ら廉に決別の言葉を口にする…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

美男ですね あらすじ 9話

『美男ですね』9話のあらすじです。

柊(藤ヶ谷太輔)に誘われ柊の実家に行こうとしていた美男(瀧本美織)は
引止めにきた廉(玉森裕太)から思わぬ告白を受け、
廉と相思相愛になった喜びをお互いにかみ締める。

   
ところが、柊と同様に美男に恋心を抱いていた勇気(八乙女光)は美男が廉を好きだと知り、
ショックでTV出演の仕事を放り出し行方をくらましてしまう。




美男は勇気が以前自分を慰めてくれた際に一緒に乗った
“秘密のバス”に乗っているのを見つけ、
自分も一緒にバスに乗り込む。

勇気は美男に自分も美男のことが好きだと告白するが、
美男の廉に対する気持ちを汲み取り潔く諦める決心を告げる。



勇気のそんな優しい気遣いに胸が一杯になる美男。
勇気との一件が落ち着いた矢先、
今度は柊が実家から合宿所に帰宅し、
美男は柊にどう接していいかわからず困惑する。

柊はそんな美男に気にするなと言いつつも、
これからはもっと積極的に美男を見守ると言い、
美男は柊のそんな態度にますます困惑する。

その頃、廉は予てから母親の水沢麗子(萬田久子)に切望されていた楽曲
「miss you」のアレンジを進めていたが、
麗子がこの楽曲の作曲家と恋愛関係だったと知り、
そのせいで自分が幼い頃麗子に蔑ろにされていたのだと気付き、
麗子に対する苛立ちと怒りが晴れずにいた。

一方、麗子は美男の叔母・シゲ子(井森美幸)との対話で
美男の正体が本当は双子の妹・美子(瀧本/二役)であることに気付き、
廉と美男が一つ屋根の下で暮らしていることに激しい苛立ちと嫉妬を抱き始める。

ある日、麗子に突然呼び出された美男は麗子からプレゼントを渡されるが、
なんとそれは女性物の衣類で、麗子から本当は美子であることを指摘され愕然となる。

驚く美男に麗子は追い討ちをかけるように美男たちの母親は作曲家だった父親に
捨てられたのだと言い放ち、美男は麗子の発言を否定しつつも驚きと不安を募らせていく。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

美男ですね あらすじ 8話

『美男ですね』8話のあらすじです。

廉(玉森裕太)から「俺を好きになってもいい。」と言われ、
嬉しさで胸が一杯になる美男(瀧本美織)。

だが、そんな喜びをかみ締める間もなく、新たな問題が発生。


美男が女の子姿でいるところを追っかけ記者の橋本(山崎樹範)に垣間見られたせいで、
いつもの追っかけ三人組記者・出口(六角精児)、橋本、馬場(清水優)が
社長の安藤(高嶋政伸)のところに柊(藤ヶ谷太輔)の
彼女の正体は美男ではないかと押しかけてきたのだ。

マネージャーの馬淵(柳沢慎吾)は安藤から電話でそのことを問い質され、
とっさに柊の彼女の正体は美男の双子の妹である美子(瀧本美織/二役)だと言ってしまう。
そのため美男は元の美子の姿になって柊の彼女として柊と共に出口たちの取材を受ける羽目に。

美男は柊のフォローで何とか取材を無事に乗り切るが、
取材記事を読んだ叔母のシゲ子(井森美幸)から美子のことを問い質され、
美男はシゲ子に本当のことを打ち明ける。

シゲ子は美男の告白に驚きつつ、
自分も美男たち兄妹の父親を良く知っている人を見つけたと告白。

早速美男はシゲ子に連れられ父親を良く知るという人物に会いにいく。

ところが、美男は父親を良く知る人物が廉の母親の水沢麗子(萬田久子)だったと判り驚く。

麗子も自分が大切に想っていた人で、
廉にアレンジを頼んでいた大切な楽曲を作曲した桜庭拓海の子供がA.N.JELLの美男だったと知り驚く。

美男は麗子から廉にアレンジを頼んでいる曲が美男の父親の作品だということは
廉には完成するまで言わないで欲しいと頼まれ、廉に隠し事が出来るのを躊躇いつつ了承する。

一方、その頃、廉、柊、勇気(八乙女光)の三人は合宿所に押しかけてきた
NANA(小嶋陽菜)に振り回されて、一緒に料理をする羽目になる。

三人はNANAが食べるのを前提に料理に悪戯を施すのだが、
そこに美男が帰ってきてしまい…。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
-  |  次の3件 »
Copyright © 美男ですね あらすじ All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析 FX比較ランキングブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。